Orquestra®で
量子対応アプリケーションを構築・展開

Orquestra Studioの導入:
量子古典ハイブリッドなワークフローを実現するインターフェイス
量子古典インフラを融合
フレキシブルで前方互換性のあるプラットフォームで、量子コンピュータに対応したインフラにアップグレードします。
最先端のハードウェア上でワークフローを実行し、
よりパワフルな未来のデバイスに交換することができます
量子対応ワークフロー*を構成し、量子古典ハイブリッドのHPC上で実行します。
*量子コンピュータに対応したワークフローのことを指す

A CLOSER LOOK

お一人でも、チームでも、Zapataのエンジニアとタスクやワークフローを構築することができます。最適な動作環境を実装:タスクをモジュール式の要素として扱ったり、アルゴリズムやハードウェアを変更する際のタスクをオープンにしたりすることができます。Orquestraのオープンソースおよび独自の量子ライブラリや、QiskitCirqForestといったオープンソースのツール、Zapata独自のアルゴリズムで構築されたタスクを使うことができます。
Orquestraは、主要なクラウドプラットフォームおよび量子デバイス上で動作するため、あらゆるスタックにおいて相互運用性を実現。ワークフロー構造を詳細なタスクから切り離すことで、タスクの実装方法を量子と古典とで切り換えることができます。  Orquestraは自動でタスクを並列化し、より高速でタスクを実行します。
カスタマーの意思決定を支えるアプリケーションを構築します。ラップトップやワークステーションでローカル実行をしたり、Orquestra Cloud Runtimeで実行するなど、プライベートのインフラストラクチャ内に展開することができます。厳格なセキュリティ、運用、規制の要件に準拠します。

Orquestraをより詳しく知る。

Orquestraのデモやトライアルに興味をお持ちですか?

お問い合わせはこちら